携帯からのアクセス

一太郎ビューアー

ホームページの文書が
読めない場合には上の
一太郎ビューターをイン
ストールしてください。
 
オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人
COUNTER548728
高体連ニュース >> 記事詳細

2020/07/21

高校総体の結果

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト担当者
 7月19、20日にかけて、昭和電工武道スポーツセンターにて、令和2年度大分県高等学校剣道競技大会が開催されました。

 1日目の女子団体戦では、決勝リーグの結果、明豊高等学校が初優勝を果たしました。その後行われた男子個人戦では、杵築高校の木村八雲選手と木村出雲選手との双子対決の末、木村八雲選手が優勝を果たしました。
 2日目の男子団体戦では、決勝リーグの結果、明豊高等学校が5連覇を果たしました。その後行われた女子個人戦では、佐伯鶴城高校の神﨑三華選手と三重総合高校の泉凜翔選手の対決の末、佐伯鶴城高校の神﨑選手が優勝を果たしました。
 優勝・入賞された学校・選手のみなさん、おめでとうございます。
 今年度は、インターハイ、九州大会、玉竜旗大会と今まで選手たちが目標としてきた大きな大会が次々となくなっていきました。そんな中、何とか高校総体はという想いで行われた大会であり、3年生にとっては多くの選手が最後の大会となりました。例年とは実施方法やルールが違う中、最後の戦いにかける想いや、一生懸命闘う姿には感動させられました。3年生は、この大会で一区切りとなりますが、新たな目標に向けて頑張ってもらいたいです。
 また、1、2年生においては、すぐに新チームとなり9月には秋季大会が行われます。これから更に暑くなってきますが、体調に十分気を付けて稽古に励んでもらいたいと思います。
 最後に、今大会の結果、写真を掲載します。
R2県総体組み合わせ 結果.xlsx
R2県総体試合記録.xls
IMG_4936.jpeg
IMG_4935.jpeg
IMG_4941.jpeg
IMG_4945.jpeg
IMG_4949.jpeg
IMG_4950.jpeg
IMG_4953.jpg
IMG_4943.jpeg


07:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
トップページ
大分県高体連盟剣道専門部