携帯からのアクセス

一太郎ビューアー

ホームページの文書が
読めない場合には上の
一太郎ビューターをイン
ストールしてください。
 
オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人
COUNTER1091588
高体連ニュース >> 記事詳細

2024/06/03

高校総体を終えて

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
6月1日、2日、3日にかけて、レゾナック武道スポーツセンターにて、令和6年度大分県高等学校剣道競技大会が開催されました。
 今年度は大分でインターハイが開催され、団体の出場枠は2校、個人の出場枠は4人となり、インターハイの切符を賭け白熱した戦いが展開されました。

 1日目の女子団体戦決勝リーグでは、全国選抜優勝の明豊高校が3勝で優勝。2位の枠を1勝1敗1分で佐伯鶴城と大分鶴崎が並びましたが、小星一本差で大分鶴崎がインターハイの切符を勝ち取りました。
 2日目の男子団体戦決勝リーグでは、連覇を狙う大分鶴崎と明豊高校が共に2勝し、優勝決定戦となりました。結果は先鋒の勝利で勢いに乗った明豊高校が、その勢いのまま強さを見せつけ副将まで勝利し優勝を果たしました。
 3日目は、男女個人戦が行われました。
男子の部では、昨日の団体戦で悔しい想いをした杵築高校の堀選手 対 団体・個人共に優勝を狙う明豊高校の松原選手の戦いとなりました。4分で勝負は決まらず延長戦の末、堀選手が相手の出鼻を狙うコテを決め、2年生ながら優勝を果たしました。
 女子の部では、新人戦と同じ明豊高校同士(東選手 対 中元選手)の決勝戦となりました。結果、時間内にメンを決め東選手が優勝を果たしました。 

 優勝・入賞された学校・選手のみなさん、おめでとうございます。
 最後の戦いにかける想いや、地元インターハイ出場に闘志を燃やし一生懸命闘う姿には感動させられました。今大会を持って一区切りとなる3年生もいると思いますが、また新たな目標を掲げて頑張ってほしいです。
 また、インターハイ、九州大会への出場権を獲得した選手、学校のみなさんは、大分県の代表として、それぞれの大会で活躍してくれることを期待しています。

 1、2年生においては、すぐに新チームとなり8月末には秋季大会が行われます。これから更に暑くなってきますが、体調に十分気を付けて稽古に励んでもらいたいです。
 最後に、今大会の結果、写真を掲載します
R6 72回県総体結果.pdf
IMG_9299.jpeg
IMG_9296.jpeg
IMG_9284.jpeg
IMG_9288.jpeg
IMG_9292.jpeg
IMG_9290.jpeg
IMG_9280.jpeg
IMG_9276.jpeg
IMG_9282.jpeg
IMG_9278.jpeg


20:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
トップページ
大分県高体連盟剣道専門部